引っ越し業者料金ランキング!安いおすすめは?【相場いくら?】

引っ越し料金安くなる裏技!知らないと損?【激安料金目指すなら】

引っ越し料金を安くするには交渉が大事だと口をすっぱくしてこのブログでも言い続けておりますが、いかんせん、交渉の仕方が甘い方も多いようでございます。

とにかく何も考えずに引っ越し業者を適当に決めるのは絶対にNG!

wpkommunikacio

by:wpkommunikacio

正直、引っ越し業者の料金というのは、あって無いようなものですので、いくらでも交渉することが可能。

この交渉をするかしないかで、引っ越し価格は大きく変わってくるのでこの点だけはしっかりと覚えておいて下さい。

 

相見積もりはどうする?

相見積もりとは、いくつかの業者の見積もりを取ることです。そして、出してもらった金額を元にどこの業者が一番お得かを判断していきます。

ただ、この時に気をつけて欲しいのが、トータルで考えるということです。

業者によって、不用品の処分が無料だったり、オプションが無料だったり、特典だったりがあります。ですので、それら全てを合わせて、どこが一番お得なのかをチェックするようにしましょう。

 

相見積もりが終わったら交渉へ!

相見積もりが終わったら、次は交渉へと進んでいきます。

これについてですが、けして最初から最安値を出さないようにしましょう。

そして「出来ればここがいいな」という業者に関しては最後の方に交渉することをお勧めします。

ある程度の金額が出揃ったら

「○社さんはこの金額でやってくれると言ってるのですが…」

と一言。

この言葉だけでOKです。そうすれば、相手も

「それならうちは!」

と言ってくれます。まあ、引っ越し料金はあってないようなもので、あるのは、業者としてのプライドです。

よって、大手になればなるほど「他社より安く!」という気持ちが強いので、先程お伝えした一言を伝えるだけで、驚きの引っ越し金額を出してきてくれます。

その金額に納得をしたら、交渉。納得出来ないようであれば

「もう少し考えさせて下さい」

と言いましょう。

この時点で、更に金額を下げてきてくれますけどね(笑)

相手の引き出しは2つあるということを覚えておきましょう。

 

引っ越し料金を安くするためには何が出来る?

もっとも手っ取り早いのは、ダンボールの数を減らすことです。引っ越しというのは、利用するトラックの大きさによって変わっています。

ですので、4tから2tになるだけでも、かなり金額は違ってきます。

よって、

格安引っ越しするなら頑張って荷物を減らすようにしましょう。

でも、荷物を減らすのってどうしたらいいのでしょうか?それが簡単に出来れば問題はないんですけどね…。

 

要らないものはとことん捨てよう!

引っ越し準備をしていると

「こんなに持ってたっけ?」

というものがたくさんでてきます。そういう風に懐かしいアイテムを発見すると

「これからは使おう」

と持っていきたくなるわけですが、これは絶対にNGです。

だって、それをすると今までと何も変わらないじゃないですか。今までなくても困っていなかったものが出てきただけですので、そんなに困ることはないはず。

だから、使っていなかったのであれば、サクっと捨ててしまうのが良いと個人的には思います。

日本人って、もったいないって思うクセがあり、これはこれで良いところなのですが、それ故に、要らないものまで取っておこうとします。

捨てるのが勿体ないのであれば、売るなどの選択肢も含めて考えて下さい。そうすれば、上手に荷物を整理することが可能となってきます。

 

梱包にも工夫を!

はい、まず、

適当に梱包をしてはいけません。

124999

私も若かりし頃よくやりましたが、忙しくて引っ越しの荷作りやってなくて一夜漬けでやっつけることになると、もうそこらへんのものをポイポイダンボールに放り込むカンジで押し込んで荷作りしてしまう、、してしまうのですよ!!(笑)

もちろん、何も考えずに詰め込むものだから各ダンボールにはスキマもたくさん・・・。

隙間だらけだと、ダンボールの中に上手に荷物を詰められないので、自然とダンボールの数が増えてしまいます。

でも、きちんと荷物を詰めていれば、ダンボールの数を必要最低限にすることが出来ます。まあ、そもそも常に部屋をきれいにしていて準備もおこなりなく整理整頓されている方ならこんなことはないんでしょうけど・・。

私は時間があればわりとカッチリこういうことはできるタイプなんですが、時間がないとどうしても適当にしてしまいます。また性格によってはダンボールの詰め方が致命的にヘタクソ(すみません、でも友人にいるんです。きっと積み木も苦手だと思う)な人もいるでしょう。

でもダンボールの数を多くするのは料金に直結します。追加料金を取られてしまっては困りますから、「テキトーに梱包しない」・・・これだけでも、引っ越し料金を安くすることに繋がるでしょう。

ですから多少面倒でも、上手に梱包する意識を持って欲しいと思います。

 

引っ越し成功の秘訣とは?焦ったら後悔する?

引っ越しについてですが、基本は焦らずに検討することが重要となってきます。

gazou033

「もし今契約してくれたら・・・」
「今日だけ、この金額でお出しできますけど?!」
「で、どうですかね!?」

と営業が圧力をかけてきたとしても・・・・

焦りは禁物!!

冷静な目で物事を判断出来なくなってしまい、結果的に後悔することにもなってしまいます。

ですので、必ず冷静に、焦らず検討してから最終的に依頼する業者を選ぶようにしましょう。

 

有利な立場になっていることをお忘れなく!

引っ越し業界というのは、買い手市場です。

こちらの意図ひとつで全てを上手く回していくことが出来ます。お客様は神様という言葉がありますけど、引っ越し業界に関してはそれが顕著で、かなり顧客有利な環境となっています。

ですので、とことん交渉をして納得いく金額で契約をするようにしましょう。もちろん、やりすぎはいけませんが、オプションを無料にするなどの無理も出来る場合があります。

 

繁忙期は例外ということを頭にいれて!

基本、お客様が有利な立場になっている引っ越し業界ですが、これは繁忙期では通用しません。

この時期は、非常に引っ越しの件数が多く、引っ越し業者が上の立場になってしまいます。ですので、無理な金額をふっかけられても、客としてはNOと言えない状態なわけです。

よって、少しでもお得な金額で契約をしたい時は、繁忙期は避けるようにしましょう。

 

最終的には3社位に絞って検討を!

引っ越し業者の数はかなり多いです。ですので、1社でも多く見積もりを取った方が良いのは間違いありません。

ホームズ引っ越しとか、引っ越し達人などの一括見積もりサイトを利用すると一度の入力で複数の引っ越し業者の見積もりを取ることができるので便利ですよ。

ただ、数が多すぎると絞るのに一苦労。よって、最終的には3社位に絞って、そこからどこと契約をするのかをハッキリさせていきましょう。

そうすれば、自分にとって一番良い業者と契約をすることが出来るでしょう。

 

引っ越し自分も手伝いってアリ?

これは、一部の人のみ使えるテクニックですが、ちょっと自分で頑張れば、引っ越し料金を安くすることだって出来ます。

その方法こそが、自分で引っ越しを手伝うということ!

036884

「それってどういうこと?」と思われるでしょうから、簡単に説明してみましょうか。

 

搬送を手伝う!

引っ越し業者の料金というのは、トラックと、その日引っ越しに携わるスタッフの人数で決まっています。

基本は、スタッフ2人ですね。

つまり、ここに2人分の人件費がかかるのです。

ということは…?

そう!勘の良い人は気づいたでしょう。

自分で引っ越し作業を手伝えば、人件費を省くことが可能となっています。

 

ダメな業者もあります・・。

しかし、この方法は使える業者と使えない業者があるので要注意。

大手引っ越しセンターになってくると、断られる可能性が高いですね。私も、今まで交渉はしてみましたけど、大手になればなるほどに融通が利かなくなっています。

しかし、中小企業や地元の運送業者になってくると

「それなら、少し安くしましょうか」

ということで、引っ越し料金を下げてくれたりもします。

ただ、この方法が使えるのは主に男性が主体になってくるでしょう。

どうしても、女性だと力的な問題で難しいですからね…。まあ、女性であっても、彼氏や男友達に頼むなどすれば問題なく出来ると思います。

ですので、人件費を省いての引っ越しを考えているのであれば、交渉時にこちらで手伝うことが可能かどうかをしっかりと確認しておくことをお勧めします。

 

安すぎて不安?これは罠なのか?

引っ越し業者の相見積もりをとっていると、ビックリする位に安い業者があったります。

kouso11
「これは安い!」といって契約をしたくなる気持ちは分かりますけど、ちょっと待って下さい!引越しの場合もしかしたら、

安物買いの銭失いとなることもある

ので要注意ですよ!

 

単純に安い?それとも罠がある?

単純に引っ越し価格が安いという場合もありますけど、そうではないケースもあります。それは、適当な業者であるということ。

中には、普通の運送会社が片手間で引っ越しをしていることも考えられるわけですよ。ですので、安いからといって簡単に契約しないようにだけは十分に気をつけて欲しいと思います。

 

安い理由を明確に!

とは言え、純粋に低価格で引っ越しサービスを提供している会社もあります。

地元に根付いて良いサービスを…という精神で引っ越しをしてくれているわけです。ですので、安いからといって「片手間悪質業者!」と決め付けるのはNG。

よって、安い業者の時は

「なぜ、金額が安いのか?」

を相手に聞いてみるようにしましょう。

そうすれば、安心して良い業者なのか、それとも信頼してはいけない業者なのかをハッキリさせることが可能となります。

 

場合によっては高くつくことも?

引っ越し価格だけが安かったとしても、場合によっては、オプション料金をふんだくられて結果として高い引っ越しになるケースもあります。

ですので、引っ越しにかかってくる総合的な金額で判断をするようにしましょう。そうすれば、上手な賢い引っ越しが可能になると思われます。

 

結論!一番おすすめの引っ越し見積もりサイトはココ!

osusume

ranking3

btaikenbkoushiki

引っ越し業者料金ランキング!安いおすすめは?【相場いくら?】 > 格安料金引っ越しのポイント > 引っ越し料金安くなる裏技!知らないと損?【激安料金目指すなら】

関連記事

  1. 単身引っ越し安い業者どこ?単身パック格安は?【おすすめ業者】
  2. 格安引っ越しする方法は?フリー便が狙い目?【業者選び方】